FC2ブログ

通知表所見のための修業

一生残せる通知表を渡したい 心に残る所見にしたい と考え、次のようなことを心がけています。 ①心に残る言葉を探す  それには、「読書」が一番。所見だけでなく、文章を作るには、どれだけ言葉を知っているかという基盤が必要になります。  「読書」を通して、言葉に積極的に触れています。 ②いろいろな先生の所見を「盗む」   先輩の所見。コピーさせてもらったこともありました。また、金庫に保管してあった通知表 を拝見させていただいたこともありました。   また、お世話になっているサークルで、所見を持ち寄って勉強したこともありました。 ③「所見文例集」は、いつ読む?   「所見文例集」が数多く出版されています。参考にされている先生が少ないことの証拠だ と思います。   しかしながら、私は、直接「文例集」を用いて、所見を書いたことは一度もありません。   「直接」とは、どういうことか。   「文例集」を読んで、吸収するところはあります。しかし、   所見を作成する時期には読んでいません。   それ以前に読んで吸収しておくのです。  ①に書いた「読書」と同じ感覚です。「言葉を探す」ために、「文例集」を活用しています。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR