スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式練習にて話したこと

能力はある6年生。
行事など、それなりの形に残すことができる。
けれども、それに至るプロセスは…

結果だけでなく過程を大切にしてほしいという思いを込めて話した。


山登りに使う「杖」を持っていく

「6年生を送る会から1週間が経ちました。
そして、今日から1週間後は卒業式前日です。
意識、気持ちは高まってきているでしょうか。

月曜日、皆さんの動きをはじめて見ました。
そして、今日。
礼や動きが変わっていました。
意識が高まっていますね。

さて、これは何でしょう。
山登りに使う「杖」です。

山登り、いろいろなやり方があります。
ロープウェーで一気に行く。
途中まで車で登って、ちょっと歩いて頂上に行く。

遊びの山登りでは、それでいいでしょう。
けれども、自分の目標・夢に向かって行く「山登り」はそれではいけないと思っています。

一歩一歩、自分の足で進んでいくしかないのです。

今までいろいろな行事や勉強で
・まわりががんばっているから自分はちょっとぐらい手を抜いてもいいや。
・先生がやってくれるから、いいや。
と思ったことがあるかもしれない。

それではいけないのです。

一歩一歩、自分で進むことが必要なのです。

来週の卒業式。おそらく、すばらしいものになるでしょう。
けれども、
一歩一歩、最後まで自分を伸ばしていくことで、さらに心に残る卒業式になるのです。

その一歩一歩ができる人を認め伸ばしてくれるところが、中学校です。

期待しています。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。