スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人との出逢いから

鈴木健二先生とお逢いしたことから、いろいろ考えた。 お逢いした翌日、学校で「教職大学院の受験」についての希望確認があったのである。 こういうとき私は これは『運命』に違いない と、すぐに思ってしまう。 校長に話し、MMでいろいろな意見を伺った。 来年度は10年経験者研修があるので、結局は10年研を優先させることにした。 その代わり、鈴木先生から出された宿題(?)をやっておこうと思う。 『宇佐美寛先生の本を読んでいない者は道徳授業を語る資格なし』 夏休みを使って、読破する。 さて、宇佐美寛先生の著書、1冊だけ持ったいた(1冊だけとは情けない…) 『「道徳」授業に何が出来るか』 2週間後の授業参観で「手品師」を教材として扱う先生がいる。 「手品師」と言えば宇佐美先生の上掲の本である。 今回はこれまで以上に納得する部分が多かった。 初めて読んだ時は、全く分からなかった。 すこ~しずつではあるが、宇佐美先生の書かれていることが分かってきた。 ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。