FC2ブログ

目的論・方法論

若手に対して、主任の先生が
「方法ではなく、『何のために』を考えるんだよ」
と指導していました。

具体的には、「学校探検」で「2年生が新1年生を連れて行う」ことについて

・「どんなペア・どうやってペアを作ればいいのか」(若手の意見:方法論)

・「どうしてペアを組むのか」「何のために2年生が新1年生を連れて学校探検をするのか」(主任:目的論)

一つの実践を通して、それを「目的論」として見る視点を身につけられるといいです。
(私自身も、まだまだ「方法ありき」な考えに陥りやすいので自戒したいです。)

子どもへの指導レベルまで落としこむと、それは具体的な方法になるのですが、それだけに目を奪われないで、そこに至るまでの「何のために」を大切にしたいです。

これを今の時期から、子どもたちの分かる言葉で伝えていくことが大事だと思います。


ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR