スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<2月2日>じっせん

【2月2日】
昨日は、ほとんど仕事ができなかった。
体よりも、気持ちの面で下がっている。

できていないことも多い。一つ一つやっていくしかない。

あいさつ
 テンションがもろに相手に現れてしまう。
 →私のテンションが低すぎ。あぁ、これではいかん。

朝、衝撃の出来事あり。
まさかの出来事である。
来年度が分からなくなった。
→「今の子どもをしっかりと見ろ!」ということであろう。

1~3時間目 図工
 版画の取り組みを一気に進める。
 3年生…ステンシル。カッターで切り取る。
 5年生…木版画。だいぶできてきた。
 1~2時間目は、私のテンションも低い。子どもたちも黙々と(しゃべる雰囲気ではなく)作業していた。
 3時間目は、だいぶ私の気持ちも変わってきた。

4時間目 生単
 行事に向けて、合奏練習
 私はT2いやT3
 一人一人に演奏させる…聞いている態度に注目する
 授業のテンポがよくなった

 《「教育はおもしろい」出来事》
 4年男子が模範演奏
  3年女子(おしゃべりちゃん)…「最初は元気だけど、途中で暗くなった」
  →この違いを発言できた。驚きである。他2名は、その意見に同調。
 →演奏した男子、さらに他の子の演奏にもアドバイス。
  よいサイクルができていた。
  その前に、「聞く態度をほめていた」さらにその前に「全体練習でもその子が演奏終わったら、練習をやめさせた」
  このサイクルは教師の指導によってもたらされた。
  これに対しての3年女子からの「プレゼント」が上記の発言であった。
 (実は昨日の練習は、その4年男子は叱られて授業が終わっていた)

5・6時間目 社会
 交流クラス(3年)のコンピュータの授業にうちのクラスの児童も参加。
 昨日の社会見学のまとめをする。

 5時間目は担任・情報教育の支援員さんもいた。
 6時間目は担任出張。私一人で指導。

 情報教育は好きな領域。
 ひたすら個別指導に回った。

 質問にどんどん答える。入力のお手伝い。
 最後に全員が印刷→本時の達成感。

課外 部活動
 子どもから「熱計ったら、38度あったんです」
 私は「だから?」
 見学したいのか、できる範囲で参加したいのかを自分で言わない。
 この指導からスタート

 「君たちは、先生にやらされて練習しているの?自分でやりたい・試合に出たいと思って練習しているの?」
 子どもたちは後者だと言う
 「そうだよね。自分たちでやってるんだよね。だとしたら、さきほどこんなこと(上記のこと)があったんだけど、見学しなさいとかを先生が決めるの?自分で決めるの?」
 子どもたちは「自分で決める」と言う
 「そうなんだよね。全部、自分で決めるんだよ」

 ・ハンドリング&ドリブル
 ・ゴール下シュート 20秒×2セット
 ・オールコートレイアップ&ドリブルシュート…低位の子のために再度確認。
 ・今日はゲームをした。いろいろ課題見つかる。
 →いかん!昨日の反省が生かされていない(私のこと)

児童下校後
 相方の先生と話し合い…残り2カ月の指導について、意思統一。



ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。