スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いっっっきり、雪遊び

愛知では年に1度ぐらい、積もるほどの雪が降る。 今日は、子どもたちと思いっきり遊んだ。 靴下・ズボンまで濡れていた。 遊び終わった後、頭には砂が入ってる?! うちのクラスの子だけでなく、外に出ている全校児童を巻き込んで遊んだ。 子ども談である… ・先生、真っ白になってたね ・あんなに大きな(雪)玉、投げられてたね ・髪の毛びしょびしょだよ 相方の先生からは、 「先生が前の学校で6年生やってたときに、6年生が真っ先に外に出て遊んでたのを思い出しましたよ」という思い出話をしてくださった。 (※今、支援学級で組んでいる先生には、最初の学校で音楽専科としてお世話になっていた) その当時は、 「どのクラスよりもうちのクラスが思いっきり遊ぶぞ。うちのクラスの子が自分のクラスに満足感や優越感を感じられればいいなぁ」と思っていた。 しかし、今回は 「小学校でこうやって遊べることの『特権』。こういう時間があることへの『感謝』」 の気持ちが強かった。 遊んでいる姿は、そんなに変わっていない(と思う)。 しかし、意識は全く変わっていた。 ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。