FC2ブログ

多人数児童の前で話す

退勤前に、2つの仕事が舞い込んだ。 ・月曜日、学年部集会で学年部の先生が「冬休みの思い出・新年の抱負」を子どもたちに話す。 ・火曜日、前任校の今年度卒業生に対して「ビデオレターに出てほしい」 私たちは普段、 クラスの子どもたちに話すことが一番多い。 次が、 学年全体に話す(学年主任になると、回数は多くなる) しかし、 ・2学年の児童に話す ・全校児童に話す ことになると、圧倒的に回数が減る。 さて、私の最初の勤務校でのこと。 毎週月曜日の朝会で、「今週のめあて」について、週番の先生に話すというものがあった。 週番は2人でやっていたので、実際に全校児童の前で話すのは学期に1度ぐらいであった。 そこでの5年間で、全校児童に向けて話すことの難しさを勉強していったし、他の先生方の話に注視していた。 さて、現在。全校児童の前で話すことは、ないといっていい。 鍛えられる場がない。残念である。 たとえ、3分の場であろうと、話すときには どれだけ準備をしているか。 周到な準備に懸っている。 最低限、分かる話。欲を言えば、印象に残る話。 来週の2つのことは頭の片隅にいれておいて、準備していきたい。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR