スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有田和正先生、講演会 1/3

・教師は、子どもを意のままに動かそうとするから、いけない ・授業の根本的な考え方  未知→既知ではなく、「既知→未知」 ・社会科は答えがいくつもある。だから、どの子も活かすことができる。 ・子どもが「学級・仲間・授業がおもしろい」と感じる楽しさを育てる ・「うんこのホテル」→主語と述語を使って文を作りましょう           (形容詞≪かざりことば>は使わない)  ⇒子どもを楽しませながら、指導する。 ・おもしろいものを使って、おもしろい授業をして、子どもをのせる。  →ユーモアのセンスを磨く ・公立校勤務時代…ネクラと子どもたちに言われた【25歳】   ↓  笑い話の本を何冊も読んだ   ↓  「楽しい教室を作ろう」  ・44歳ではじめて「学級づくり」のことを書いた 【文責:學び魂】 (つづきます) ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。