FC2ブログ

私の「學び魂」を振り返る 2010 3/3

(つづきです) 3 戦後65年を考える   今年の8月は、「戦後65年を考える」を考える機会になりました。具体的には、   ①戦争体験者の話を聞くことができた   ②終戦記念日に「護国神社」に行ってみた  私の中に眠っていたものが、目覚めたような感覚になりました。 「日本を大切にする」ということが分かり始めた「戦後65年」になりました。 今後の教員生活のターニングポイントになるかもしれません。 今 読んでいるのは、硫黄島総指揮官・栗林忠道の姿が書かれている『散るぞ悲しき』(梯久美子 著 新潮社)です。 このような考えに至ったのも、多くの先生方との出逢いからです。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR