FC2ブログ

高校駅伝初優勝、鹿児島実業監督の言葉

全国高校駅伝男子で初優勝した鹿児島実業の上岡貞則監督が新聞で紹介されていた。(中日新聞 12月29日付「この人」) 記事から引用させていただく。 (引用開始) 「スポーツを通じての人間教育」を掲げ 日常生活から厳しく指導し 「自信とうぬぼれは紙一重。 そのラインをしっかりと引きなさい」 と言い聞かせてきた。  そんな教えを選手が素直に吸収し 「何もやらなくても生徒たちがやってくれる」 と笑う。 競技では「信用される選手にならないと勝てない」 との意味を込め、つくった言葉 「心走」 の大切さを説く。 (引用終了) 最後に出てきた「心走」の言葉に衝撃を受けました。 一流の先生の言葉は、強烈に胸に突き刺さって離れません。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR