FC2ブログ

致知 2010年12月号より

今月号は、興味のある方が多く登場されていた。 思考の三原則(安岡正篤) 第一 目先に捉われず長い目で見る 第二 一面的に見ないで多面的全面的に観察する 第三 枝葉末節にこだわることなく根本的に考察する 野村克也 ・やっぱり人間、視点ですね。視点を変えると、見えなかったものが見えてくるのです。 ・人間学なき者に指導者の資格なし ・仕事と人生はイコール ・積み重ねを大切にすることがプロとしての基本概念だ ・組織はリーダー以上にはならない ・一番力を注ぐべきは監督が成長すること ・人間の最大の悪は何か、それは鈍感だそうです ・人間が鈍感になるのは、親を思う気持ちとか、感謝とかが薄いからじゃないのかと最近感じますよ 石黒由美子 ・感謝したところか、次のステップが始まる ・脳にインプットする瞬間に、発心、決心をして「私はこれをやる!」と思えば、 その時点で、もう八割か九割は叶っている 谷崎重幸(東福岡高 ラグビーフットボール監督)×我喜屋優(興南高野球部監督) ・自分たちのいまやるべき小さなことの積み重ねを忘れず、次の花を咲かせるための根っこづくりをしていこう【我喜屋】 ・ハンディや逆境というのは、知恵を絞れば順境に変わる ・逃げるからいつまで経っても逆境であって、味方にすればこれ以上の宝もなし。 ・逆境と友だちになれ。そうすれば最後には宝物になる。おまえたちはその宝物をいとも簡単に捨てて、逃げまくってるよ【我喜屋】 ・段取り八分…試合に行くまでに勝負はほとんど決まってしまっている【谷崎】 ・散歩から言葉づかいから掃除から、裏の部分をきっちりやっていった。【我喜屋】 ・小さなことを確実にする子は、間違いなく大きな仕事ができる。そしてリーダーシップを執ることができる。【我喜屋】 ○「魂・知・和(こん・ち・わ)」 ・魂…何事もやっぱり気持ちが中に入らなきゃダメ ・知…たくさんの知識を得ること ・和…人間は一人では何もできない  【我喜屋】 ・野球の試合は九回で終わるが、その瞬間、人生のスコアボードがまた始まる。そこで勝てばいいんだ。【我喜屋】 ・私はよく、chanceとchallengeとchangeで「cha・cha・cha」と言うんですが、チャンスはどこにでもあるんですよね。ただそれを掴むためには、チャレンジをしなけりゃいけない。そしてそうすることによって一つの殻を破るというか、チェンジ、転換してもう一つ大きな課題に出合えるようになると思うんです。【谷崎】 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR