FC2ブログ

自主サークルでの學び

先週金曜日は、地区の自主サークルに参加。 月に1度行われているが、久しぶりの参加。 昨年度までの勤務校で、お世話になり尊敬する教頭先生の講話があったからだ。 ・授業論、指導観は、ふくらませる。幅を広げる。 ○バレーボールのセッター(教師として)  できそうなことをセットしてやる  できそうなことだから、子どもはきっとできる。やりきる。  できたことを大げさにほめる。自覚させる。 ・ハチドリのしずく…「私は私にできることをしているだけ」 ・授業のうまいへた。その違いは「間」にある そのほか、教師のために仕事術として、ファイリングの仕方や学級通信の活用についても話があった。 この先生も、法則化の追試をされていたことは、今回の講話ではじめて知った。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR