FC2ブログ

野口芳宏先生、「小牧、教師力アップセミナー」2/2

(つづきです) 【第2講座】 ・流行っているのは、「ワークシート」と「動作化」   →①今までの何を解決するのか。     ②学力形成に役立っているのか、に注意  「動作化」…読みの誤りがないか、診断するために活用   (例:「かさこじぞう」…「かたやらせなやらの雪をかきわけました」の動作化→指を立てて、「掻き分けて」いるか)  ⇒まさかの、「じぞうデビュー」させていただきました{笑顔} 【第3講座】 ○子どもは鍛えるべき存在だ         好きか嫌いかは、自分が決める    【点】 良いか悪いかは、社会が決める    【面】 正しいか正しくないかは、歴史が決める【時】                 ↑     教育とは、歴史に責任をもつ仕事である ○心のコップを上向きにする=素直になる  素直な人は、伸びる   素直の正体は、現状の否定と破壊ができるかどうかである。             勇気がいること= 「素直とは、勇気がいることである」 ○自分の人生観・仮説を確かめる読書 ○摩擦…教師と子どもが同じレベルだから起こる    ⇒教師が1ミリでも上なら、摩擦は起こらない。 ○謙虚であれば、無限に伸びる   謙虚は勇気を生む。謙虚であれば争うことがない <文責:學び魂> ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR