FC2ブログ

杉渕鐵良先生講座より

はじめて杉渕先生の講座に参加することができた。 しかも2日間連続で!貴重な機会だった。 ものすごいオーラ。 でも講座は笑いありの面白いものであった。 ・子どもをよくしよう=自分の力量を上げよう ・子どもは0.5秒で、皮膚感覚で、教師を見抜く ・子どもに言うくせに、教師はやらない→時間を守る ・言葉と行動が一致している教師が、子どもは好き・信頼する…子どもはシビアに見る ・子どもは自分が伸びるために学校に来ている ・子どもが学校に来てくれるだけで「ありがたい」 ・自分の悩みは、基準が変わると、ガラリと変わる ・子どもが変わるまで時間が変わる。けれども、壊れるのは一瞬 ・超具体的な方法までおろさないと、意味がない ・できないのではない。能力が引き出されていないだけ ・できない子ほど伸びる ・楽習…子どもは楽しい時しか学べない ・「できる→わかる」が自然 ・強制をされるとやりたくない ・毎時間、プラス・マイナスの分岐点に立たされている ・全員に声かけているか…机間巡視は、スピードが命 ・子ども一人ひとりは感覚的に感じるものが違う→あの手この手で仕掛けていく ・すらすら読める=ある程度の学力 ・目標設定よりも高い課題を与えると、子どもは伸びる ・自分(教師)がやってほしいことを子どもたちに言わせる ・授業は一人ひとりに合わせる←全体の流れを作ってから ・教育は正確な面・アバウトな面、両方必要 ・合格させてから、実力をつける ・教育は、「耳」をよくしないといけない←指示を聞いていない ・声のボリュームの変化…案外難しい  →すぐできないのが自然 【文責:學び魂】 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR