FC2ブログ

ちょぴっと成長、感じられた

有田和正先生の 『子どもの生きる社会科授業の創造』 を再読している。 1982年刊行の本である。 はじめて手にして読んだのが4年前。 その時の読後感である。 「今出されているものよりも圧倒的に読みにくい。その分、現場のゴツゴツ感・熱さを感じた」 (とても生意気な文ですねぇ。すみません…) さて、4年経ち、読み返してみた。 「おっ、分かるぞ!」 というところが多くなっていた。 ちょぴっと自分の成長を感じることができた。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR