FC2ブログ

仕事術の本を読もう

尊敬する先生がセミナーの中で次のような話をされたことを、どこかのブログで拝見した。 (出典ブログが思い出せなくてすみません) 教師も仕事術の本を読め。100冊は読め。 同感である。 夜遅くまで、職員室で過ごすこともある。それはそれで学ぶことは大きい。 その一方で、効率よくするべきだとも考えている。 効率的に進めること…どこが悪いというのだ! そのために仕事術の本を読んでいる。 仕事の優先順位のつけ方・時間の生み出し方など すぐ使えるものが書かれている本は、たくさん出ている。 「○○術」と呼ばれているものは、知っていれば知っているだけ活用可能になる。 (このことは「教育技術」にも当てはまると考えているのだが…) しかし、「効率的に進める」…自分は一つだけ例外を設けている。 児童・生徒に関わることは、「効率」を捨てる 一方に片寄ってはならない。バランスが大事である。 感謝!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR