FC2ブログ

私の「學び魂」を振り返る 1/3

2009年も終わろうとしています。私たちの現場は、3月の卒業式・修了式をもって大きな区切りとなりますが、この年末も大切な区切りです。子どもたちも新たな氣持ちをもって、冬休み明けに登校してきます。子どもたちを笑顔で迎えられるために、しっかりと準備をしておきたいです。それには、「振り返り」と「未来への展望」です。 1.子どもたちから學ぶ   教師としての私の根底はこれです。子どもたちはいろいろなことを教えてくれます。授業の中で見せる姿。授業を終えて、笑顔で他愛もない話をするひと時。行事や集会での真剣な姿。また、私の学級の個性的な生徒たちと過ごしていると、より鮮明に「訴えてくるもの」が見えてきます。どれだけ本を読み、勉強会に参加したとしても、私たちのベースは「教室」です。子どもたちから多くのことを學ぶ教師であり続けたい。この姿勢(哲学と言ってもいいのでしょうか)は、変わらない自信があります。學びの場を提供してくれた子どもたちに感謝です。 (つづきます) ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR