FC2ブログ

保護者が語る自閉症児の世界

昨年の8月31日に、愛知県日進市で行われたセミナーについてまとめたものである。 講師は「ウォーリーさん」こと山本浩人さん。 ○ 模擬体験をさまざまな形で行うことができた  ・休憩時のザワザワした様子を録音→聴いてもらう   「さっきの時間、このように聞こえていたでしょうか。感覚過敏のお子さんは、このように聞こえているのです」    ・「用紙にたくさんの丸を書いてください」   →指示の難しさ、日本語の難しさ    ・2リットルのペットボトルを半分にしたものを顔につけてみる   →中心見えるが、周りはボンヤリ  「見え方の体験」   正面から声をかける。見せたりする。  ・軍手をつけた(指先3cmほど余らせる)手で、ワイシャツのボタン掛け   →①一番上から(一番上が難しい)、     ②できそうなところから  ・、「ガンダラムジムジ」のテスト。   一人の被験者に、いったん部屋から出てもらう。   会場の人にネタ明かしをする。   「これから、今出ていただいた方に、机にいすを入れて下さいとお願いします。ただし言葉としては「ガンダラムジムジ」としか発しません。言われた方がどのような反応をするのか見ておいてください。」   入室してきた被験者。   ウォーリーさんの「ガンダラムジムジ」に戸惑い、困った様子。   そこでウォーリーさんがいすの絵を見せると、その方は「座ればいいんですね」と言いながら腰掛けます。   そこでウォーリーさんは、すかさずバシッと一叩きしながら「ガンダラムジムジ!」と、声を荒げながら机にいすを入れる絵を見せます。すると被験者「あ~、そういうことか」と机にいすを入れます。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR