FC2ブログ

事前準備・計画の必要性

先週の「週案」の反省として書いたものです。 (先週は、通知表完成に向けての仕事を進めていました。)  「事前準備・計画の必要性」については、今やっている通知表の準備についてもあてはまると考えている。 個人カルテを作っておくことも必要だが、それを元に所見を書くのは、この2学期制なら夏休みに少しずつ書けるはずである。 9月の1ヶ月で生徒の姿が大幅に変容するとは考えにくい。 4月から7月までのことで書くことは可能である(そのためには、それまでの道徳のワークシートや行事の事前・事後でのまとめ、学計などでよいものを残しておくことが、夏休みに書くためには必要になると考え、実践している。) 書けない生徒が出ればそれでいい。9月に重点的にその生徒の様子を見ていけばいいからである。  「見通しが立てられないから、仕事ができない」・・・経験がないとそれもあるだろう。それならば、周りの私たちが知らせていかなければならない。  学級経営案への前期の反省・・・経験を積んでいる者なら分かっている仕事である。夏休み中に半分以上は書いておけば、今の時期は加筆だけで提出可能になる。  前期の反省があれば、後期の反省もある。通知表も3月に出す。3月、自分のクラスに専念できるように「事前の準備・計画」の必要性を再度考えていきたい。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR