FC2ブログ

【本】夜回り先生の卒業証書

夜回り先生の卒業証書 冬来たりなば春遠からじ 水谷修/著 出版社名 日本評論社 ①子どもたちは花の種だと考えています。どんな花の種も、植えた人間がきちんと育てれば、かならず時期がくれば美しい花を咲かせます。 もし、花を咲かせることなく、しぼんだり枯れたりする子どもたちがいたなら、それは大人によってそうされてしまった被害者です ②いい教員とは、子どもたちから学ぶ教員。 勤めた学校でかかわる子どもたちの求めに応じて自分をつくっていく。そして、子どもたちにひとつでも多くの笑顔をつくっていく。 ③子どもたちが病んでいるかいないかは、簡単に見きわめることができます。それは、夜眠っているか、眠れずにいるか、それを見ればいいんです。 ④リストカットは心の生きたいという叫び。 腕を切ることで死への衝動を抑え込み、なんとか生きようとしている。 問題は、リストカットという行為ではなく、その原因なのです。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR