FC2ブログ

【本】教師力を磨く

教師力を磨く 若手教師が伸びる「10」のすすめ 仲島正教/著   出版社名 大修館書店 久しぶり、再読した一冊である。私にとって大切な一冊である。 この本を読むたびに、勇気づけられる言葉がある。 通知表というのは、みて元気が出るものであってほしい。 所見がどのように書いているかで、通知表が楽しみになることもあるはず。 一生残る通知表だからこそ、どんなことが書かれているかで、大人になってからも よかったなあと思えるか、これは私の汚点だと思えるかが、大きく違ってきます。 未来のある子どもには、心に残るいい記録を残してやりたい。 同感である。「一生残る通知表」…心を込めた所見を書きたい。私の思いを少しでも分かりやすく届けるための文章修業に励んでいきたい。 他にも、ステキな言葉が多い。 ・自分が苦手だった教科こそ、実は得意になる可能性が十分にある、 ・新任5年目までぐらいに、ぜひ自分の目標となる先生と出会ってほしい。 目標の先生に出会うということは、イコール目標の授業に出会うということでもある。 ・遊びのなかで子どもの心をつかんでいきましょう。 遊びのなかで道徳心を養っていきましょう。 道徳や人権はこんな遊びのなかから学ぶことが一番心に刻まれていく。 ステキな言葉、まだまだある。ぜひご一読を! ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR