FC2ブログ

特別支援、勉強会 その2

「がんばりカード」(課題を設定し、できたらシールなどを貼る)を使用した支援のポイント  お子さんが「シールなんかいらないもん!」と訴えてきた。   けど本心は、「シールほしいけど、がんばり方が分からない」のかも… ①努力しないとできないことを課題にしない ②一瞬がんばればシールをもらえるという課題を設定する ⇒「こんな簡単なことでシールもらえるんだ」と思わせる(「『超』スモールステップ」)   ↓ ③「本人に分からないように」ハードルを上げていく  【例】おふろで10数える     →(よくないハードル)数えるのを20にする     →(よいハードル)長く10数える「いぃ~ちぃ、に~ぃ、さぁぁ~ん…」 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR