FC2ブログ

有田和正先生、講演 1/2

「モラロジー研究所」教育者研究会、三重大会に参加しました。 有田和正先生の講演を聴きました。 2時間近くの講演でしたが、ユーモアたっぷりのお話でした。 Ⅰ 法で規定された学力の三要素  ①基礎的・基本的な知識・技能の 習得  ②これらを 活用 して、思考力・表現力、その他の能力  ③主体的に学習に取り組む態度 いいかえれば 探究 Ⅱ 「指導する」ということ  ①みえない(わからない)ものを、みえる(わかる)ようにすること  ②多様な学び方を体得させる  ③学習意欲を引き出す  また、有田先生の著書に必ずといって登場する、「『授業』とはなにかを示したもの」(5つの対応の技術が書かれたものです)の解説もしていただきました。    何度も見ている表のはずですが、またまた勉強になりました。  今回は、「対応の技術は子どもの反応を『集約・焦点化』するためのもの」であるということ。「集約・焦点化」を意識して行う必要性を感じています。 つづきます ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR