スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会・理解・生活科】見つけることから始まる

 社会科・理科・生活科においては、「見つけよう」ということを主に授業を作っていくことが効果的であると考えます。
①とにかくたくさん見つけよう    ②すごいなあと思ったところを見つけよう
③変だなと思ったところを見つけよう
 そして、見つけたことはノートやプリントに書かせていきます。見つけたことの説明は言葉になったり、絵になったり、実物を貼りつけたりといろいろ出てきます(いろいろ出てくるように、声かけをしていきます)。楽しんで書くことができるようにしていきます。
 さて、②・③については、「どんなところがすごいと思ったの?」「どんなふうに変だと思ったの?」と思いを引き出したり、不足している部分を質問したりすることで、その子の意見をより明確に、周りの児童にも分かるようにしていきます。黒板にその意見を書いておきます。理解できるようにしていくことで、「○○くんに賛成で~」と、つけたし発言ができるようになるからです。
 ①については、複数の見つけたことから「ベスト3を選んでください」と話し、自分の意見に赤ペンで線を引かせます。自分の考えを客観的に見ることができ、自己判断の力を育てることにもつなげていくのです。また、ベスト1にした意見が出てきます。そこには「1番にした理由・思い」があるのです。それを聞いていくことにより「見つけた事実」と「その事実に対する自分の思い」の双方を意見として子どもたちがもつことができるのです。
 さて、ある対象からの見つけをしたあとに、ぜひやっていけるとよいのが、「比べて見つける」学習です。比べる対象をこちらが用意することで、子どもたちは自発的に見つけを始めていきます。
 例えば、自分が育てたアサガオから、すごいところを見つけて、それを出し合いました。その後に、「友達のアサガオも見てみよう。比べっこをして見つけてみよう」と投げかけるのです。比較することで、見る観点を増やすことができるでしょう(その前に出し合いをしていると、そこで、見る観点がいろいろあることを全体で共有させることができます)。また比較をすることによって、一つの対象からの見つけたことの意味が深まってきます。例えば、自分のアサガオから「花が5つ咲いていました」という見つけをした子がいるとしましょう。友達のアサガオには花が3つ咲いていたことを見つけました。そうすると、「花が5つ」ということが「ひょっとして、ぼくのアサガオはみんなの中でたくさん花が咲いている方なのかもしれない」という思い(予想)をもつことができるでしょう。ただの「5つ」が、比較を通して「多い・少ない」という観点で「5つ」というものを見ることができるようになります。
 社会科においても、「スーパーとコンビニを比べる」「みよし市と海津市を比べる」「昔と今を比べる」など、「比べる」という視点で学びを深める展開が用意されています。子どもたちの発見力を高めていく上でも「比べる」活動を設定していくことをお勧めします。
 小学校段階においては、「比較して見つける」技能は、特別支援学級だけではなく通常学級児童も体得させたいものであると考えます。そして、比較することで、見つけがしやすくなるだけでなく、「事実からの自分の思い」ももちやすくなります。自閉症の児童生徒にとっては、「比較する」という学習技能を身につけることで、「自分の思い」に気づきやすくなると考えます。
 自分の殻に閉じこもるのではなく、周りの世界に関心を向けられる子どもたちにしたいです。そのためには、「見つけよう」「比べて見つけよう」という学習活動は極めて効果的であると考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。