スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰納的か演繹的か

帰納的か演繹的か
スモールステップで指導する場合、二つの方法が考えられます。

1 その活動・学習内容を細かく分けて、その一つひとつをできるようにしていく方法

 ・漢字テストに向けての練習において、50問あるので、毎日10問ずつ練習をしていく
 ・算数のかけ算の筆算において、一つずつ計算過程をできるようにしていき、正しく計算できるようにする。
 ・リコーダーの練習で、一小節ずつ練習をして、一曲吹けるようにしていく
 こちらを帰納的な指導法と呼びます。

2 ある獲得させたい行動・学習内容を、少しでもできればOKというところから初めて、少しずつその「合格基準」を引き上げていく方法

 ・漢字テストに向けて練習で、50問プリントをやらせて、それを2回・3回とやっていくことで、書ける漢字を増やしていく。
 ・算数のかけ算の筆算において、ゴールまで計算させてあっているところ、できていないところを見つけていき、できていないところをできるようにして、正しく計算できるようにする。
 ・リコーダーの練習で、最後までやらせてみる。それを何度も練習することで、一曲吹けるようにしていく。
こちらを演繹的な指導法と呼びます。

 さて、現実の指導は、どちらか一方ということではなく、両方の良さを合わせて取り組
んでいます。算数の筆算指導を例に挙げます。

 1.まずは、やり方を最初から最後まで示します。
 2.そして、一つずつ一緒に計算をしていきます。
 3.解かせます。真似をしながら解かせていき、できているところを細かく○をつけます。
 4.3を続けて最後まで解かせていきます。
 5。自力で解かせていきます。「心配だったらできたところで見せにおいで」と伝えます。それと同時で、どこまでできているか、どこで困っているかを机間指導で確認します。

 ゴールを見せることは大切な指導です。スモールステップで指導を進める際に、「ゴール
の見通しをもたせる」ということとセットで考える必要があります。

 特に、その活動・学習内容の一時間目の指導は大切にします。子どもが失敗することが
少ない形で進めることと、楽しく少しずつ指導していくことを心がけています。そのため
には、「できた」を増やすことです。「できた」をたくさん味わわせるために、スモールス
テップは効果的です。

 演繹的か帰納的かということで教育を述べましたが、両極を知っておくことで自分の指
導の立ち位置を確認することができます。個の成長か集団づくりか。規律か自由か。どちらかを選択することではありません。「今の自分はどちら寄りか」を知ることこそが指導に生きる考え方なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。