スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実年齢と発達年齢の双方で、その子の今・課題を見る

支援を要する児童生徒には、実年齢だけで実態を捉えることは非常に難しいです。まして、「○年生なんだから、これくらいできないといけない」などというスタンスでいると、子どもの成長の機会を奪ってしまう可能性もあります。
支援を要する児童生徒の中には、発達検査を受けている場合も少なくありません。その時には、ぜひ発達検査の結果を見てください。そこに表れた指数や発達年齢などを見てみると、「なるほど」と思うところが多いでしょう。
実年齢でみると、「これは、この学年でがんばらせたい」と指導に熱が出るのですが、発達年齢を知ると「今のこの子にはハードルが高いなぁ」と適切な課題を提示したり、スモールステップを設けたりしていく思考をもてるでしょう。また、その子のがんばりをねぎらうこともできます。

 小学2年生の男子。発達年齢は2才8か月という児童を担任したことがあります。
 学校で生活するために必要なこととして、あいさつや持ち物の片づけ、給食や掃除の活動に参加することもやらせてあげたい。トイレの練習も必要です。
 これらのことを小学2年生としてみたら、できていてほしい、むしろ不十分であったならば、注意の対象となってしまうのではないでしょうか。
 しかし、これを2才8か月という発達年齢でみてみましょう。少しのがんばりも大いに認めることができませんか。
 そして、この子がどこまでがんばればOKとするかということを定めていきます。
 このことが、「実年齢と発達年齢の双方でその子の今・課題を見る」ということです。

 もう一つ、女子児童の場合です。
 小学3年生の学習を進める5年生女子児童。かけ算の九九も定着が怪しい感じです。
 算数の授業の導入、九九の歌をうたうという活動がありました。
 その子よりも九九が言える同学年女子児童が、一緒に学習します。
 対象児童は九九がなかなか口から出てきません。九九表は教室に貼ってあるのですが、それは子どもたちの背面。「九九表見てもいいんだよ」と教師はその子に伝えますが、見ることはありませんでした。結局、その子は後ろを見て確認することはなく、なかなか九九を唱えることができませんでした。
 苦手だったら九九表を見てがんばって歌う。少人数の教室なら照れる必要もないのではと思うかもしれません。しかしながら、その子は小学5年生です。プライドもあるでしょうし、恥じらいもあります。
 この場合、発達年齢で見たら特に学習面ではできていないところがあります。しかし、実年齢は5年生。社会経験や心情面については、実年齢を見て支援を進めた方がよいということです。

 以上のように見ていくと、通常学級で生活している児童生徒の全員が、実年齢と発達年齢が同じと言うことはあり得ないと考えた方が妥当だということが分かっていただけるでしょう。特に支援を要する児童生徒に対しては、発達検査で数値がはっきりしていればそれを参考に支援を進めていくと、その子のレベルにあったものになっていくと思います。また、発達検査をしていない場合は、「実年齢と発達年齢に差がある」ということもあるんだという視点をもって子どもをとらえ直すとよいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。