スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護者の過半数は学校教育に対して否定的に見ている

保護者との関係がこじれるときは、「私の話を理解してくれない」と教師が感じるときでです。
根本として、「保護者の多く(全て)が、学校教育・担任の先生のことを好意的に思っている。賛成の立場でいる。」という考え(驕り)が、教師の中にあるのではないでしょうか。
ちょっと考えてみれば、このようなことはあり得ないということに気づくはずなのに…。

保護者の中には、学校教育に否定的な者もいるでしょう。それは、学生時代の学校との関係によるかもしれません。
不登校だった保護者もいるでしょう。学校の空気が好きになれないという人もいるでしょう。勉強に対してアレルギーを起こしている親だっていることでしょう。20・30年前も教育問題はあったのです。今の保護者は、その当時の学生です。その時代を学校の中で過ごしていて、どのような感じ方をもつかは、まさに千差万別なのです。
保護者にもいろいろな立場の人がいるということを想像しておくことは大切です。
そして、このような想像ができない状況が、職員室・教師集団にはあります。
なぜなら、教師というのは、基本的には学校教育に順応してきた人たちなのです。学生時代のどこかですばらしい先生に出会えた人もいるでしょう。行事や部活動でいい思い出をもっている人もいるでしょう。
学校の先生というのは、雑に言えば、「学校が好きな人たち」なのです。
そして、保護者の中には、学校が嫌いな人たちもいます。
そこでの齟齬が、トラブルとなっている場合もあるのだと思います。
職員室というのは、学校が好きな人たちが集まっているという極めて異質な空間であるということは承知しておいて損はないと考えます。「学校の常識は世間の非常識」という言葉もあるぐらいです。言いすぎかもしれませんが、非常識な小集団が世間の大集団を相手にしているのです。これが現実なのです。現実に抗ってこじらせているのが、今の教師と保護者との関係なのかもしれません。
そして、もう一つ忘れないでほしいのは、目の前の子どもたちもいずれ保護者となるという事実です。子どもたちが保護者となった時に、学校教育に対して肯定的な目をもっているか、否定的になっているのかは、今、学校でどのように過ごしているかにかかっているのです。その意味では教師は「未来の保護者を育てている」といってもよいでしょう。
実は、学校教育に否定的にとらえる保護者にしてしまったのは、教師であるということもいえるのです。
実際のトラブルの発端は違うでしょう。言葉の伝わり方がずれていたり、実態の把握の段階でズレが起きていたりするといったものが本当のところでしょう。
ここで出したのは一つの考え方です。このように考えてみることで、教師の保護者似対する第一声が変わってくるでしょう。
横柄な態度を取ることは減るのではないでしょうか。保護者に迎合することを勧めているのではありません。このような思考をすることも時には必要だという提案です。保護者が教師を無条件で尊敬するという時代はとっくに終わっています。今の時代にあった保護者連携を常に模索する必要が教師には必要なのです。なぜなら、保護者と教師が手を結ばなければ子どもは育てられないということは、いつの時代も変わらないのですから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。