スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちがいたから今の私がある

1 「怒る」と「叱る」の違いを子どもから教えられた。
 教員4年目。5年生を担任していたころの話です。
 一人の男子児童を注意する必要が出てきました(どのような内容であったかは覚えていません。休み時間に、別の教室に呼び出して、一対一で指導をすることにしました。
 私のなかでは、厳しく指導するというつもりがその時にはほとんどありませんでした。なので、とても冷静に状況を聞いていくことにしました。
 すると、その男子児童が泣きだしたのです。その涙は、「悪いことをしてごめんなさい」という涙でした。
 この出来事は私にとって衝撃でした。それと同時に大切なことに気づかされました。
 それまで私がやっていたのは「怒る」であったのです。感情のままに、声を荒げて言う。指導の類ではなかったのです。そして、今やっていることが「叱る・諭す」という指導なのだということに気づくこととなったのです。
 彼とは、20歳を過ぎて飲んだことがあります。当然、上記のことを彼が覚えていたり話に出したりということはありません。しかし私にとってはターニングポイントとなった瞬間です。

2 先生、何か違う…
 これも4年目での話。運動会で組体操の指導をしていました。私ともう二人の先生、20代トリオで指導を進めました。
 練習を始めて数日が経ったある日、6年生の先生からその三人は呼び出されました。そして、校長室で指導。要は、「先輩に質問とか聞きに来ないで、若者3人がどんどんと指導を進めているのはどういうことなんだ」と。悔しかったです。涙がこぼれました。
 その翌日です。「6年部の先生たちは今日の練習、どのように見るのだろうか」という思いがありながら、それをふっ切って教室に入りました。私のなかではいつもの日常を始めたつもりでした。
 そのときです。一人の女子児童が一言。「先生、いつもと何か違う」。どこまで子どもの感性は鋭いのだとギクッと驚かされた一瞬です。

3 子どもに泣かされる
 私は2か月、学校を休んだことがあります。その時に担任していた児童とのつながりは、2か月がないのにもかかわらず、ものすごく強くなりました。休む前にも、手紙が来たり、元気を出させるためか折り紙を折ってきたりと心温まる子どもたちでした。
 さて、その子たちが卒業を迎えました。卒業式の前日、最後の練習を終えて、子どもたちに対して話をする機会を与えていただきました。
 「先生は、もしかしたらここにいなかったかもしれない…」。こみ上げるものを押えることができませんでした。「先生は、君たちと別れるのが正直、寂しい」。
 卒業式当日も、だめでしたね。これだけ涙、涙の卒業式は今後あるだろうか…

 子どもに泣かされたことがあるか。子どもの感性の高さに驚かされたことがあるか。子どもから学ぶということは、こういうところまで含んで私は言っているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。