スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追究の有田本】No.60 社会科の活性化 教室に熱気を!

【追究の有田本】No.60をお届けします。
今回は、
『社会科の活性化 教室に熱気を!』1085年、明治図書
http://amazon.co.jp/dp/4189098132

多くの先輩方も読まれたと聞いている本である。いつの時代の社会科教師も必読の書であろう。熱気のある教室を、従業を通じて創っていくのだ、という有田先生の気概が色あせることなく伝わってくる。襟を正す意味もこめて、今後も何度も読み返すことであろう一冊である。

①教師論
・教師は最大の環境である…教師の雰囲気は最も重要な、学習の決め手になるもので 
ある。
・子どもに追究させようとするならば、教師が追究し、学び続けなければならない。
・教材の開発や選定には、教師が子どもの実態をどう把握しているかということや、教師のものの見方・考え方・価値観というものが大きく作用するのである。そこには、教師自らの生き方への問いかけが根底にあるといえる。
・あたためるということは、その教材を問い直すということである。自分の問いでもって追究し直すことである。
・他人から教えてもらえるのは、心構え・手順・とりくみ方などであって、細かい方法はあくまで自分で編
み出すべきである。これができなければ、真のプロにはなり得ない。

②授業は勝負
「勝負する」ということは、これによって子どもの思考を飛躍的に発展させることである。一人ひとりの子どもが、確かに問題をもち、予想がたち、追究の方向がつかめ、問題追究に熱中するようになったとき、勝負が成立したといえる。そして、追究の途中で子どもの考えを大きくゆさぶり、目を開かせ、より確かな藤一のある考えに発展させることができれば、より確かに勝負が成立したといえよう。
 絶えず新しい教材を開発して、「わたしの教材」をもって子どもと勝負しなくてはならない。

③社会科授業を活性化させるには
・指導に一貫性をもたせること…「年間計画」の作成→よい実践は「修正の連続」
 計画がくるうということは、予想以上に子どもが育ったと考え、柔軟に修正したいものである。
・体当たりの学習…体全体を通してものごとをとらえ、ものにはたらきかけ、ものをつくることである。
借りものに頼らず、自分自身のもので、全力をあげて勝負することである。体当たりする「勇気」を学力(学ぶ力)であると考える
・子どもが「○○がどうしても必要だ」という状況に追い込む
・「構成活動」でつくったお店を「ごっこ活動」へつなぐ…「もの」中心から「人」のはたらきに視点が移る。
・授業(単元)が終わった後、子どもがどのように追究し発展させるかで、その学習の価値が決まるともいえる。
・社会科を好きにするには、思いっきり追究させて、本人が驚くほどの力を引き出し、自信をもたせることである。     
・わが師、子どもの声を聞く   
・考えることは書くことである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。