FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追究の有田本】No.59 内容のない技術は無力である

皆様
愛知の楠本です。

【追究の有田本】No.59お届けします。
今回は、
『内容のない技術は無力である』2003年、明治図書

http://www.amazon.co.jp/dp/4185095228/

本書の題名もハッとさせられるものである。ただ技術を身につけるだけではダメ・無力である。技術を裏付けるモノを教師はもっと磨かなければならない。「いい授業者は、いい教材・内容と技術をミックスしてもっている」のである。確かな内容をもった、生きる技術を磨いていく。

①「追究の鬼」の条件
1.問題発見力が鋭く、平凡なことの中におもしろい「はてな?」を発見できる。好奇心が旺盛である。
2.調べることがうまく、「はてな?」を発見したら必ず調べる。それも、多様なネットワークを使って、継続的に調べる。
3.調べたり、考えたり、判断したりしたことを必ず文に表現する。
4.ユーモアのセンスがあり、ものごとを暖かく、おもしろくとらえ、周りの人々を明るい気持ちにする
5.やさしさや思いやりの心があり、周りの人々を暖かく、明るくする
6.以上のことが、わざとらしくなく、自然にさりげなくできる

②総合を授業する腕
・身近なことから世界が見えるはA、
地域の特産物の追究はA
 「市の特徴」調べはC←特徴らしい具体物を一つ取り上げ、それを徹底的に調べさせる
・総合を授業する腕…
教材開発力があるか。
地域社会に目を向けているか。
具体的な「はてな?」を掘り起こしているか。
・総合の良い教材の条件、視点…
①身近なところから広い世界が見える。
②調べ方を工夫できるし調べやすい。
③どこまでも追究できる。

③内容の「ある」技術
・指導にあたるとき、
「①こんな子どもだから【子どもの実態把握】、
②こんな教材を使って【教材開発】、
③こんな指導をして【指導法】、
④こんな力をつけたい【基礎的な力】」ということを考えておくべきだ。
・「見る力」をつける…
①ながめている←問いかけ 
②見る→はてな?発見 
③よく見る(五感で見る・道具を使ってみる・他のものと比較して見る)→新しいはてな?発見→見続ける・調べる 
④見続ける  
⑤見ぬく
・最近【子どもをさり気なく鍛えよう】という考えが弱いのではないだろうか。特に、この単元の「基礎・基本はこれだ。何としてもこれだけは指導しなくては」といった考えが弱くなっているように感じる。
・教師は、自分が分かっているから子どもも分かっていると「錯覚」している
・授業と授業の「間」を子どもたちがどう生かすかに注目している
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。