スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追究の有田本】No.55  「環境問題」の教材開発と授業

【追究の有田本】No.55をお届けします。
今回は、
『「環境問題」の教材開発と授業』1993年、明治図書
http://www.amazon.co.jp/dp/4184401066/

有田実践のなかで「環境問題」については、時代や社会の動きに合わせて内容が少しずつ変わってきているものである。長年の教材研究とその時の子どもたちへの授業実践を見ることができる。発刊当時における有田式環境教育…その考え方から学ぶところは大きい。

①環境問題の授業化~教師の考え方~
 環境問題の指導について、次のような課題があると有田先生は言う。
 1.教師の結論を「おしつけ」た授業になりやすい
 2.むずかしい問題や子どもの生活との接点がないものを取り上げることが多く、(子どもたちが)理解できない 
3.お先真っ暗というものばかりである

これらを克服した授業にしなければならない。そのために有田先生は、環境教育の充実には「子どもたちにいかに身の回りの環境問題に気づかせ、その解決のためにどんな行動をとればよいか考えさせること」であると書いている。また、正解が出ていないものが多い環境問題を授業化するためには、教師自身の新たな授業観を創り出さなければならない。即ちそれは「子どもの環境観をゆさぶり、子どもと共に環境問題を追究する姿勢」を大切にすることである。

②有田先生の授業技術から学ぶ
・論争にもっていける教材の条件→わかりきっているようで、実はわかっていないところをつく
 ①身近で、わかりきっているようでありながら、簡単に結論を出せないこと
 ②簡単にできそうで、実はなかなか実践できないこと
 ③子どもの経験が豊かで、経験を元にした具体的な話し合いが期待できること

・着色作業などをさせるとき、自由にしゃべらせる。すると、つぶやきがきこえてくる。これがなかなかおもしろく、あとで使える考えになる。静かに、だまって着色作業をさせている風景をみかけるが、子どもの思考活動を封じているようなものである。
・社会科、国語科なんでも関係のあるモノは関係させて考えさせると強いインパクトを与えることができる。
・「この生ごみは何時間くらいで臭いにおいを出すようになるでしょう」「実践できるか、その勇気はあるか?」

③村上浩一先生「授業の基本的な流れ」
モノ…子どもに身近で唖然とさせるモノ。子どもたちが食いついてくるモノ
  環境保護か便利な生活かの二者択一を迫るモノ

資料読解…モノだけでは環境問題を鋭くえぐれない場合

環境問題…身近なモノが環境問題につながっていることを知る。保護か破壊かのどちらかを判断させる

討論…自分の判断を述べ、その理由を述べる。どちらか一方に偏った場合、反対の立場を教師がとって論戦する。

判断…最終的な自分の立場を明らかにする。教師の意見を聞く。

家庭学習…家でじっくり考え直して、家庭学習ノートにまとめる。家でさらに詳しく調査する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。