スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月9日

1.3年ぶりに、全校児童の下駄箱・朝チェックを行い始めた。
「揃える」意識…担任になければ、子どもへの指導もできない。

下駄箱の様子と教室は結びつく…先回の支援級担任2年間で全校児童の下駄箱を見てきて学んだことである。


2.3時間目に学校探検をおこなった。
その際に、ちらっとだが各教室の様子を見ることができた。

・しっとりと話すベテラン教師
・1からていねいに伝えている教師
・「~しない」と禁止の多い教師
・アイコンタクトで話が聞けている教室、すでにパワーダウンの教室
・まだまだ子どもたちが様子見だなぁという雰囲気ありありの教室
・運動場に出て行ったあとの教室…机の上、整頓、椅子が入っているか

その先生の大切にしていることが、一瞬の中に凝縮されているなぁ。

3.「学級づくりは、学級壊し」
この意識を担任がもっていることで、救われる子どもが必ずいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。