スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月7日 新年度開幕

1.私のところは今日からスタート。
学級開き
【〜〜したい発想】
で、いっぱいのことだろう。

さらに実践に幅を拡げるために
【〜〜しない発想】
も、大切にしたい。

具体的に......
学級開き、あれもこれもしたいと思う。できるだけ早くシステムを敷いて知的な授業を始めたいと考える。
しかし、指示を盛り沢山にしたり、目の前の子どもたちをほったらかしにして、教師の思いだけで進んでしまうのはよくない。
「指示を盛り沢山にしない」「子どもをほったらかしにしない」ということも必要になる。

そして、もう一つ
【プラスワン発想】
学級開きの話しをする際に、
話したいことは決めた。
子どもをほったらかしにしないで話す。
さらに、
・目線は?
・表情は?
・教室環境は?
など、自分なりの「プラスワン」をもって臨みたい。


2.平成26年度がスタート。
本年度は、特別支援学級の担任。
早速、個の記録を取り始めている。

3.特に支援学級に通わせている保護者にとって、担任が変わるのか変わらないのか、変わるとしたらどんな人なのかは、切実な話となってくる。
子どものことをまた一から伝えないといけなくなる。
支援級担任を経験している私ということもあり、少しは安心していただいたようだ。

4.交換というわけではないのだが、昨年度まで支援級担任をしていた方が通常学級の担任を務める。
支援級担任を経験された先生がどのような学級をつくられるのか、非常に楽しみ。
子どもたちへの「味方」が一人増えた感じだなぁ

5.このFacebookでも、その時考えていることを書いてきたが、今年度は一年間かけて、より深く意識的に書き残していこうと考えている。
自分自身のために書き残す。

6.入学式・始業式が、終わって教室に戻る際、旧4年2組の子たちから、
「先生、夏休みに4年2組でバーベキューやるからね!先生も予定空けといてよ!!」
嬉しいような、戸惑う気持ちもあり。
夏に覚えていてくれると嬉しいが、忘れてしまうほど5年生のクラスが楽しくなる方が嬉しいよなぁ。

7.【敵を作らない】
ここ数日のFacebookを見ていて、このことの大切さを強く感じる。
たくさん学んでいる若手がこのことで苦しんでいるような気がする。
うま〜くやるところの見極めが必要ですね。
実践も人間関係があってのものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。