スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月10日(月)

1.現場の人の話を、学生さんはどのようなスタンスで聞き、どのような学びを得ているのだろうか。

「学生さんにわかる内容」の講座なら分かる。しかし、「現職対象のような話」は、「現場経験による暗黙知のようなもの」によって成り立っているところもあると思う。
「こんなにも、面白い先生がいるんだぁ」と知ってもらうことがねらいなのだろうか。うーん、よく分からない。

個人的には、
学生は学生時代にしかできないこと、できない学びをするべきだ。

教師になる前にどれだけ講座に参加していようと、それで成功する保証なんてどこにもないのだ。
それよりも、失敗したときに愚痴言ったり、遊んだりできるツレとの絆を固いものにしておいた方がいいと、私はかなりマジメに思っている。


2.【自分の感覚に正直に生きる】
Facebookで書き残していることの多くは、これに当てはまるかもしれない。


3.愛知の雪は日曜日には消えてしまったが...

給食の時間に子どもたちに聞いてみた

「雪だるま作った人〜?」
「雪合戦した人〜?」

7〜8割、手を挙げていた。

えらいっ!
さすが、こども!



4.【したいと思った時が絶好のタイミング】
教師自学を始めてみようと思う。

今の追究テーマは...
・ソチ五輪、雑学
・ユメプラスチック
・守口大根


5.忘れた頃^_^にやってくる手紙。

今日はなんと、ドイツから!

20歳になった教え子からです^_^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。