スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日(水)

1.【ICレコーダー、デジカメ、子どもたちのノート】が三種の神器
授業記録から、子どもたちの思考の流れをみて、次時以降の授業づくり...今単元の理科と国語は特に力を入れている。


2.国語の授業研究に向けて、隣のクラスが先行で授業を進めてくださっている。
子どもたちが、物語のどこ、どの言葉にこだわって、意見交流をしているか...その一点のみを見ていた。

机上の教材研究では気づけなかったことを、ライブの授業を通して得ることができた。

感謝である。

今日、自分の教室で試してみる。



3.道徳。今、国語でやっている「世界一美しいぼくの村」作者、小林豊さんの手記から、「関心をもつことの大切さ」国際理解に関わる授業をおこなった。

やってみて、うーん...子どもたちには難しかったか...でも、よく食らいついて意見交流できていた。

多賀先生より…この本の一つの視点は、絵。小林さんは、国土が荒れる前からアフガンへ行っていて、美しいスケッチをいっぱい持っています。「こんなに美しい豊かな国だったんだよ。」という叫びが、絵から聞こえてくるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。