スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月30日(月)

1.講座で話されたり、本を出されていたりする、全国の先生方。

尊敬している。すばらしい先生ばかりである。

これは事実である。

そのような先生方も、

8時前から16時過ぎまで子どもたちと関わり、そこから明日の子どもたちのために準備をする。

私やあなたと変わらない同じ時間をつとめている。

これも事実である。


2.【砂時計】
島根県大田市仁摩町「仁摩サンドミュージアム」にある、世界最大の砂時計。
砂の量は1トン。
この1トンの砂が、上から下までおちるのに、ちょうど1年かかる。
毎年、大晦日に町中の人が集まり、砂時計の上下を逆さまにするイベントがおこなわれる。
また砂は、サラサラと1年を刻み始める。...

さて、砂時計。
砂の落ちていく様子をどのような心持ちで眺めますか。

ゆっくり落ちるなぁ。
時間の絶え間ない流れ。

それ程「せかせかした気持ち」はもたないのかもしれない。

その一方で、現代の私たちが最もよく見る「砂時計」
こちらには、どのような心持ちで見ているだろうか。

早くしないかなぁ
いつまで待たせるんだ

どうも「せかせか」してしまう。

アナログとデジタルを象徴しているのかもしれない。


3.本の目利きは、あまり自信がない。
けれども、良書を読んでいる自負はある。

「この本、どうして手に入れたの?」
と聞かれれば、
「◯◯さんに、教えてもらってね...」と、必ず「人とのご縁」が出てくる。

目利きは弱いが、良書の「引きつけ力」で、読書ライフを過ごしている。



3.「つながる」ブームですが...

同じ空間で同じ時間を過ごしている。
そのことは、お互いに確実に影響し合っている。

これを認め合う、ということが「つながる」ことの働きかけにおいて必要なことではないか。

このことが認め合うことができれば、さまざまな「つながる」ネタは不要とすら思っている。



4.流れに乗る人がいてもいい。
外から流れを見ている人がいてもいい。

案外、外から見ている方が大切なことに気づくということもある。

流れに乗る人も時には、外から見てみるといい。

一番怖いのは、流れに乗っているつもりが、流れに溺れてしまっている人。

見えない流れだと、溺れているのかどうかも本人は気づきにくいところがある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。