スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏書き修業

こんなものを書いています。
自分に課しているこの夏の「書き修業」です。

本の一滴  H25.8. 2(金)No.4
変わるイチロー、変わらないイチロー
 (『自己を変革する イチロー262のメッセージ』ぴあ 2013年)

 イチローの本はこれまでにも何冊か読んできた。今回のシリーズも既刊のものは読んでいる。毎回、魂を揺さぶられる言葉が入っている。そして、イチローが事柄をどのようにとらえ、表現しているのかはとても興味深い。野球人として以上に「成長する人、途上人」としてのイチローの姿から学ぶところ、勇気をもらうところがある。以下は、特に厳選した3つである。おそらく、読む時期によって、引っかかる言葉は変わるだろう。これを楽しみにすることのできる本である。

①毎日、もう、これ以上はできない……という状態で、やってきたつもりなので、それを続けていくことしかできません。
 イチローの凄みの一つはこの言葉に凝縮されている。これが事実として積み重ねられたものが今のイチローなのであろう。どのような状況においても、「毎日」「もうこれ以上はできない」をする…並大抵の精神力ではできないだろう。しかしイチローはできる。おそらく小学生時代からの練習の継続なのであろう。小学生にはこれができるかもしれない。そこには、「毎日、もう、これ以上はできない」につき合える大人の存在(イチローには父親)が不可欠であろう。イチローにとっては、小学生時代と現在が、「毎日、もう、これ以上はできない」においては同じなのかもしれない。そして、これからも「続けていく【ことしかできない】」…継続の大切さであるし、続けていくことによってしか、成長はないとも考えているのだろう。これができれば、成長は約束されたも同然である。

②(個人それぞれの)結果がないのに、一体感なんて、生まれるわけがない。この状況で、一丸となるなんて無理。
向上心。これが集まったチームは強い。チームにはリーダーが必要だというような安易な発想があるようですけど、今回のチームには、まったくそんなものは必要なかった。
 イチローの「個」と「集団」に対する考え方が垣間見える。イチローにとって何よりも「個」が大切。「個」の成長無くして「集団」の成立なし。よりよい「個」の集まりが、よりよい「集団」となる。「リーダー」について「安易な発想」と述べているところも興味深い。リーダーがいることで集団が成立するのか。「個」を育て引き上げていく、それがひいては「集団」育成につながる…この(思考・行動)プロセス。よりよい「集団(学級)」をつくるためには「個」の育成が不可欠…まずは、「個」を育てることから始めなければならない。この順番や、意識のバランスについては学ぶところが多い言葉である。

③打撃に関してこれという最後のかたちはない。でも、今の自分が最高だっていうかたちを常に作っている。この矛盾した考えが共存していることが、ぼくの大きな助けになっています。
 「矛盾した考えの共存」…私が意識している「バランス論」に近いものを感じた。一方の側面だけでなく、逆思考で物事を見る癖をつける、その両方を共存させることは大切だろうと考えている。
 授業について、最終型はない(あるのかないのかよく分からない)が、「今の自分が最高」を常に目指していきたい。追い求めるものはあるが、それを出すのは「今の自分」でしかない。だから、今できる最高のパフォーマンスにこだわる。これは「今」を大切にしているということでもある。「今」出しきるために準備は入念。プロセスを重視して、そして結果を残すことができる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。