FC2ブログ

こちらからも中村文昭先生の話を

勉強させていただいている神谷和宏先生のブログに こちらも尊敬している、中村文昭先生の話が出ていたので、 私のブログにも書きたいと思います。 昨日読んだ本(『人生の「師匠」をつくれ!』中村文昭 サンマーク出版)に 雑誌『致知』に掲載されていたことがあることを知り、 本棚から引っ張り出して、再読しました。 以下、心にズドンときた言葉たちです 芳村思風&てんつくマン&中村文昭   この世を皆で天国にする(『致知』2007年9月号) ①人に出会って、自分に出会う―――中村文昭 ②恩返しは、その人に対して返すものですが、もらったものを他の人に送り伝えていくことが「恩送り」―――中村文昭 ③「笑がない」→「やってみま笑」―――てんつくマン ④一を二にする努力―――中村文昭 ⑤過去の悲しみ、苦しみ、憎しみは全部「感謝」に変わる―――てんつくマン ⑥人が何かしら、志、使命、目標をもって生きるための基本原則―――芳村思風 1.今自分の身に降りかかってくる問題こそ、まさにその人に与えられた使命 2.時流に乗る 3.天分の壺にはまる人生…自分に独特の才能、能力がある 4.現実への違和感 5.出会い 6.命から湧きあがってくる欲求 ⑦がりがりのがりや人 人間の命というのは本来、見たがり屋、聞きたがり屋、触りたがり屋、知りたがり屋。―――芳村思風 ⑧我々大人が、感動との出合いをつくってあげなければならない―――芳村思風 ⑨失敗して失敗して最後に成功体験を掴むとそれが実力になる―――芳村思風 月刊誌『致知』。教師は読むべきだと考えています。野口芳宏先生から教えていただき、購読3年目になりました。若輩者の私にはすべてが勉強になる1冊です。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR