スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーな瞬間

給食準備のときのこと。

4時間目は5年1組の研究授業。2組(うちのクラス)のみんなは教室で自習。
自習が始まるとき、次のようにみんなに伝えた。
「4時間目は1組のみんなが体育館で授業をがんばっている。たぶん、時間いっぱいまで授業をがんばると思う。だから、給食のワゴンを5年1組の教室前まで持ってきてくれないか」 
私と目を合わせて聞いてくれた人も何人もいた。

 自習スタート。作文を書き始める。
F先生から「とても静かにやれていましたよ」というお褒めの言葉を、あとでいただいた。

12:30分。4時間目の授業終了。1組の子、予想以上にがんばっていた。

 少し遅れて、体育館から3階の校舎に向かう。「12:28には給食の準備を始めてもいい」と話していたので、もうワゴンは教室に運ばれているだろうと思いながら、3階へと上がっていった。
 すると、エプロンを着た当番が、ようやくワゴンを取りに来ていた。
「んっ、どういうことだ?? いつもより遅すぎる…」

さらに教室へと歩いていくと、1組の前にあるはずのワゴンもない!
「何かあったか?!」
驚きと怒りが出てくる。

そして1組の教室をのぞいた瞬間………大きな感動が待っていた。
ワゴンは1組の教室の中にあり、すぐに配ぜんができるように食缶がすべて並ばれていた。
その光景を見ていると、さきほど会ったエプロンを着た当番が2組のワゴンを持ってきた。
自分たちよりも前に1組のワゴンを運び、全て準備をしていたのである。
私の想像をはるかに超えていたみんなの行動に、とてもうれしくなりました。これほどうれしい・
感動したことはありません。みんなから心からの「ハッピー」をいただきました。ありがとう!!
このことをみんなの前で伝えると、みんなからの大きな拍手!

本当に、最高にハッピーなクラスです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。