FC2ブログ

じゃんけん大会 After

じゃんけん大会やりました!
子どもたち、最初は「何それ」って感じでしたが、トーナメントのくじ引きで一喜一憂。決戦前にはあちらこちらで、じゃんけんポン。試合が進むうちに負けた子たちからのじゃんけんのかけ声が大きくなる。そして決戦後の写真撮影、センターの子を目立たせるポージング。そして、笑顔。いいなぁ

じゃんけん大会、結果は支援学級の女の子がセンター取りました!嬉しかったなぁ!!

支援学級の児童3人含めて全員出席したか。支援学級の授業時間に迷惑かからないか。くじ引きは支援学級児童から。決まったトーナメント表を支援学級児童も決戦事前に見て、相手を知っている。これらのうち、どれが欠けても楽しくできなかっただろうし、私は「やる」決断はしなかっただろう。

これらは所謂、些細なこと、片々のことかもしれない。特に文字にするまでもないことかもしれない。
けど、支援学級の担任を経験している立場からいえば、支援学級と通常学級の交流で大切にしてほしいと考えるのは、これらのようなことなのである。

支援学級の担任経験を生かした、通常学級での学級づくり。うちのクラスは35人ではない。支援学級児童3人のいる38人なのである。だから、学級で楽しむときに38人が楽しめるにはと考えれば、ごくごく当たり前なことをしていることに気づいていただけるだろう。

だから、「特別」な支援でもないし、「交流」でもない。これらのハードルを下げるスタートは、「一緒に楽しもうよ」からだと考える。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR