スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C8 重点指導の意思統一を!

2011年4月7日(木)

1.ろう下の右側歩行  
2.あいさつ
3.職員室への出入り

ぜひ、今日・明日のうちに指導の「第一歩」を踏みたいです。
そのために、どのような指導があるか考えてみました。

①具体的にやらせてみる
②具体的な目標をもたせる。【回数など】
③朝の会などで、できていた人を確認する
④帰りの会などで、できていた人を確認する
⑤よくない例を提示して、「どうすればいいのか」を考えさせる
⑥話をする…「自分の教室がお家だとしたら、廊下は道路。道路は約束事があるよね~~」
 (ついでに「職員室、特別教室は他の人のお家だよね」などと話して、入り方や使い方を指導)

(あんまり案が出せなくて、申し訳ありません………)
職員会議で出されたものをそのまま口頭で伝えて分かってもらえればいいのですが、
そうはいかないですよねぇ~。どのようなご指導をされたのか、ぜひ教えてください。

【私が個人的に思っていること………】         
1.下校について(これも気になっていました) 
【勝手に】3箇条
○昇降口を出たら、しゃべらない

○安全笛の携行(本年度は、定期的にチェックもありますね。)

◎下校時刻5分前に整列完了→下校時刻=「●●と▲▲から前進め」で下校が始まる時
  …と考えると、教室から出す時間はどれくらいにすればいいのでしょうか??
         
2.下駄箱の使用について
 昨年度、毎朝、全クラスの下駄箱を見させていただきました。
毎日、全員のシューズがきちんと下駄箱の上部分に入っているのは、1年生だけでした…
 この状況を何とかしたい(何とかしてほしい)です。
 児童下校後の学級の下駄箱をチラッと見てください。見続けるといろいろ気づきますよ。
【本年度も毎朝、下駄箱を見て、シューズを正しく入れていきます!】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。