スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C7 学級びらき3日間〔2日目〕

2011年4月6日(水)

初日は、担任が自己紹介&所信表明をします。
2日目は、子どもたちの自己紹介をさせて、声を出させたいですね。
その自己紹介ですが………「名前・プラスワン」

「プラスワン」に何を言わせるのかが私たちの腕の見せどころかもしれません。
こういうところから、学級の風土みたいなものができてくるのかもしれません。

ちなみに私は…いきなり子どもに質問をして、出てきた意見にツッコミをいれるかなぁ

2日目。日直・係活動・給食当番など学級組織を決めていくことが必要になります。(これと並行して、委員会や清掃当番など学校全体に関わることも決めていきます)

私は、一日の子どもたちの学級生活をイメージしながら、考えていきます。

①朝、だれが教室の窓を開けるのか。  
②朝、だれが教室の電気をつけるのか。
③朝の会の司会は誰が行うのか。    
④朝の会はどんな内容にするのか。
⑤授業開始と授業終了の号令はだれがかけるのか。

⑥黒板はだれが拭くか。        
⑦席替えの時期はどうするのか。
⑧班(生活班など)はどうやって決めるか(どのように編成するか)。
  →席替え時の席で決める?・リーダーを決めてから編成する?
⑨給食当番の交代時期はどれ位にするか。
⑩給食開始と給食終了の号令は誰がするか。

⑪給食当番の役割分担はどのように決めるのか(決めさせるのか)。
⑫配布物をだれが職員室に取りに来るか。
⑬配布物はだれが配るか。
⑭どんな係をつくるか
⑮係はどうやって決めるか(係のメンバーの編成方法はどうするか)

⑯係の活動時間はいつにするか。    
⑰帰りの会の司会は誰が行うのか。
⑱日直はどうやって決めるか(日直の編成方法はどうするのか)
(参考:戸田正敏著『失敗しない「学級づくり」の原則36』明治図書)

これらに、一人一役・人数・替える時期などを考えます

(その他、学級会や班組織など学級組織を運営する上で、いろいろなアプローチがあります)
イメージを元に、大まかな枠(何人で・どの係が行うなど)は、もっておきます。
もっておいた上で、子どもたちに「どんな仕事が必要かなぁ?」「今年はどうしたい?」と聞いていきます。
 
具体的なやり方などの指導はこれから! 
できている姿をほめまくって、
①その子自身の意欲を上げる 
②周りの児童に対する波及効果をねらう(「こうすると今度の先生は褒めてくれるんだぁ」)
③ほめることによる、教師―児童との「関係づくり」
を、つぎの日から進めていきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。