スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C5 学級びらき3日間〔1日目〕

2011年4月5日(火)

〔1日目〕
 ・前学年の児童引率…これで本当に昨年度の子どもたちへの直接指導は終わり。
 ・入学式・始業式…受け持つ子たちの様子はどうか。よくできている姿をみつけたい。

○職員紹介
・どんな反応があるのか…今年度、受け持つ子たち。昨年度、受け持った子たち。
・第一声…元気さをアピールしたい。

・教室へと連れて行く…移動の様子。子どもたちに何か指示を出してもいいかも(できていたら、ほめる。褒めるために仕組む)。

《教室にて》
1 担任の決意表明(誓いのことば)【本日のメインイベント!】
 ・【売り】を見せる……「この先生、おもしろい!」「明日も学校に来たい!」
 ・大切にしたいことを伝える………学級通信を使うのも一つの方法。
(『売り』の方は、子供は保護者に自然と話してくれる。しかし、「大切にしたいこと」は子供の言葉ではなかなか伝えられないかもしれない。文章にしておくと、子供だけでなく、保護者にも担任の思いが適切に届く)

よくある「先生が叱る3原則」
① 命に関わる危険なことをした時
② いじめ・意地悪・うそ・ごまかし・卑怯なことをした時
③ 同じことを3度注意しても直そうとしない時

2 配布物確認…全体に確認しながら進めていく
(子どもが教師の確認作業に反応できているか)。
 ☆ 漏れなく且つ、メインの「担任の決意表明」に向けてスムーズに行いたい
…通信に書いておく。列ごとに分けておくなど。

3 明日への布石
 ・明日の用具などの確認……確実に行いたい。
【明日への布石(例)】
 ・教科書に名前を書かせる→きれいに書いてある子をほめることができる
 ・今日のことを日記に書いてくる→たくさん書いてきた子をほめることができる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。