スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指示をする時の留意点

指示についてポイントをまとめます。まずは教科書的なことからです。
大原則は、「指示を出した=指示が伝わったではない。指示が伝わった=相手が指示を聞き入れたとき。」です。指示を聞いてもらう手立てが必要なのです。

① その子の注意を十分ひきつけてから、指示する
 「その子の注意を十分ひきつける」ためには、二つのことをします。
 ⑴注意を十分ひきつける…「今から3つ話をします。」と言って、何が始まるのかを伝えます。「今から先生は話をするのだな。聞かないといけないな」という構えるためには準備の時間が必要です。「予告」をすることで、構えの準備時間となり、話を聞く構えを作り出すことができます。導入気のお子さんには、音で伝えたり、ぬいぐるみなどその子の注意を引きつけられるアイテムを使うことも効果的でしょう。
 ⑵気をそらすものをなくす…「手には何も持たないで」「机の上は何もいらないから片付けていいよ」と伝えることも大切です。また、教室掲示がさっぱりとしていることも、気をそらす要因となるものがないので、指示を聞くことができることにつながります。

② 指示ははっきり、具体的に分かりやすく
 「ゴミ拾いをしましょう」よりも「ゴミを10個拾いましょう」の方が、分かりやすい指示となります。「しっかり」「きちんと」という言葉を使わないで指示を出すということも大切です。「静かにしましょう」ではなく、「図書館に到着するまで静かにしましょう」と伝えると、子どもたちも頑張って静かに教室移動をするように努めます。指示が明確であるということは、子どもががんばれるということ・がんばる目標をもてるということです。子どもたちも頑張ることが明確になり、取り組み始めることができます。また教師は、評価がぶれずに褒めることができます。「子どが褒めてほしいことを褒めることができる」…適切なほめ方のためには具体的な指示がセットで考えると効果倍増です。

③ 重要なポイントはとくに強調する 「何がポイントか」「どこが一番重要なのか」が分からない指示が多すぎます。「教科書32ページを開けて。開けた人から立って。指読みをして音読を始めます。時間は2分。用意始め。」この指示をいきなり言われて理解が難しいお子さんが教室に入るのです。最初はひとつひとつ示すのです。
「すばやく並びましょう」と言われて、すばやく来たにも関わらず、教師は「きれいに並べていませんね」ということ、ありませんか。その先生にとっては「すばやく並びましょう」の中には、「すばやく、しずかに、自分たちできれいに整列する。整列ができたら、静かに座って待つ」までを含んでいた指示語だったのです。ここまで理解しろというのは酷です。
 朝の会で、「今日の3時間目はプールがあります。11:45分までに着替えを済ませてプール前に来てください。勝手にプールサイドに入ってはいけませんよ。あっ、着替える前にトイレに行くのを忘れずにね。」まさに情報の洪水に溺れてしまいそうです。④とも関連しますが、重要なことは黒板に書いておく。また、指示を分断して強調する部分を作ることも大切な技術です。今回の場合では、朝の会では「今日の3時間目はプール。休み時間に着替える」だけ知らせます。そして、休み時間になったら、「次の時間はプールだよ。トイレに行ってから着替えましょう。」と伝えます。子どもたちが来る前にプール前に一人教師がいればプールサイドに子どもが入るということは回避できます。

④ 言葉だけでなく、目で確認できるように
 音声言語だけでは伝わりにくいというのは、大人の世界でも普通のこととしてあります。やはり正確に伝えたいことは、音声だけでなく、書いて知らせるなど目で確認できるようにする手立ては効果的です。通常学級の場合は、多くの指示は全員に届く必要があるので、黒板に書いて一斉に伝えるということができます。しかし、支援学級ですと、異学年の児童生徒が一つの教室で生活しているという事情があります。黒板で伝えると、それによって、指示をつたえたつもりではない子も「黒板に書いてあったから」とその指示に従ってしまう場合も出てきます。指示内容によって、どのように伝えるとよいのかを教師は適切に判断することが必要です。黒板に書く、付箋に書いてその子に渡す、該当学年の児童生徒を別に呼んで伝えるなど、適切に伝えられる手立てを講じていくことが必要です。

 最後に「支援を減らす」ということを記します。
 具体的で分かりやすい指示に越したことはありません。しかしながら、全ての教師がそのようにできるわけではないのが現実です。また、社会に出たときに、学校現場のような支援が適切に受けられるかという問題も出てきます。
 指示一つにしても、理解ができるようになったら、「支援を少しずつ減らしていく」ということも、大切な支援だと私は考えます。具体的なものから抽象的なものへ、単純なものから複雑なものへとレベルを上げていき、その指示が伝わっているかを評価するのです。

 「支援を減らす」…このことはなかなか理解されないところです。「子どもが適切に動けているのなら今の状態でよいのではないか」と考える人もいるでしょう。それこそが、いけないのです。一人の教師の指示で子どもが動ける…子どもを育てるとは、そういうことなのでしょうか。他の先生や大人の話でも考えて動ける。そして、指示がなくても状況を自分で判断をして行動ができる。私たちがねらうところはここではないでしょうか。私たちは指示待ち人間・ロボットを作っているのではありません。自分で自由に思考して行動できる人間を育てているのです。
 「支援を減らす」支援をするためには、子どもを育てる年間計画をもつことが必要になります。行き当たりばったりで進めることは危険です。どの段階でどのような指示で動けていたらOK。次の段階へ進むにはこの支援を減らしてみよう、と計画的・戦略的に向かっていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。