FC2ブログ

<「にじ」っせん>4月8日

【4月8日】

下駄箱チェック…全く指導なしあれば、モデル写真を下駄箱に掲示してあるクラスもあり!
→通信を続けるコツ:1枚で全員の心に響くなんてありえない。一人にでも響けば、その通信は素晴らしいのだ。

あいさつ
 昨日までの「ご祝儀」はガクンと減る
 ここからが勝負。ここからが指導の始動
 昨年度、出てこなかった「あいさつくん」「あいさつさん」(あいさつができる児童)が出てきている。ありがたい!


朝の会時、身体測定
 車いす児童を先にする。
 その後、6人が会議室へ。A女も落ち着いてできた。

その後、運動場へ行き、学級&個人写真を撮る
A女の機嫌&動きを見ながら、上手に個人写真・全体写真を撮影
A女、ぐずることなくテンポよく進めることができた。

教室に戻る
1時間目
 2学級共通の係・学級委員を決める
 ・1人1役
 ・昨年度までの流れ(特に自閉症児に配慮)、児童の実態を考慮
 ・やりたいところに複数の候補が重なったら、ジャンケンなどで無理矢理一人にしない…その思いや立候補した勇気を最大限尊重する(定数を変えて、立候補した人全員がやれるように考えていく)
 →これらを考慮して決めていく。
 スムーズに決まる。

 後半…うちのクラスだけの係を決める
  能力を考えて、ほぼ当てはめていった感じ。

2時間目
 退任者への手紙
A女…支援員の先生が書かれたものをなぞる
 書くスピードが速くなっている…速すぎである
B男…聴写・視写ができる。
 A女の進度・動きを気にしながら進める
C男…私が想像していたよりも多くの漢字を使うことができていた。

長放課
・C男の今年度の委員会決め
・放課終了時C男に指導「1年生が真似をしてもいいのか!」(私の教室は1年生と同じフロア)

3時間目
掲示物作り
 ここで光っていたのはC男…線を意識してとてもていねいに「モザイク」ができていた
 B男も、自分の担当部分を作るために、黙々と色紙を切っていた。
 A女…支援員さんの動きを見習いたい。いい呼吸が二人でできている。

4時間目
 3時間目で支援員さんの本日の勤務終了
 ここからは私一人で対応
 掲示物作りの続き
 ・A女に対して厳しい指導も入れる…難しい
   なかなか座って取り組むことができない…3時間目の方ができていた。
   切った色紙&プランターの砂をパラパラ…配慮必要
  →掃除を手伝ってくれるC男:優しいなぁ。昨年度までのA女の様子を肌身で知っているからできる対応である。
 
 学級掲示はあと一息。来週の授業参観までには終える計画は立った。

 残り15分、給食指導
 ・仕事の内容、役割分担の確認…昨年度の流れで取り組めるのがありがたい。

給食…昨年度と同じような流れでできていた。
 車いす児童がどのように動けるといいか、考える必要あり

簡易清掃
 相方の先生と少し話す
 ・A女に対しての支援の方向性
 ・校内での「特別支援」に対しての共通理解、どうなってる?
 →どちらも正直「イタイ」ところであるが、必要なこと。勉強になる。

さようなら

・掲示物準備…こちらで用意するもの
・教室清掃…また来週もがんばろっと!



ありがとうございます。

スポンサーサイト



プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR