FC2ブログ

教師の力量を子どもが越える授業?!

勤務校で、授業研修会が行われた。 協議会でのこと。 うちの校長が言われた。 「こんな協議会で、『教師の力量を子どもが越える授業』ができるのか!」 確かに、ほめっぱなしの協議会は違うと思う。 むしろ気になったのは後半の言葉である。 まだまだ経験が浅かった時、 ・予想もしていない発言が出た ・図工の作品の出来に驚いた など、 「教師の力量を子どもが越える授業」があったし、それを良しとしていたところもあった。 しかし、今日は違和感を感じた。 教師の力量を子どもが越える授業=教材研究が不十分な授業 と、言えるのではないだろうか。 そうだとしたら、 その「教師の力量を子どもが越えた授業」は、 本当に深まりのある授業といえるのだろうか。 う~ん。 いろいろ考えてたら、イライラしてきた… ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR