スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習用語を教える

小学校で特別支援学級の担任をしている。 先週から「かさこじぞう」の音読を始めた。 これまでの音読の活動に「学習用語」を取り入れた。 最初の時間に教えたのが「句読点」。 「『句点読み』は、今まで『○(マル)読み』と読んでいたものです。」 「『句読点読み』は、『【。】と【、】で、交代して読みます。」 教えた後、練習をした。 「ここから『句点読み』」 「次からは、『句読点読み』ね」 テンポよく進めた。 子どもたちも楽しみながら、理解できた。 次の時間に教えたのが、「地の文」。 「会話文」はこれまでも指導してきた。 「『地の文』は、『会話文』ではないところです」 これも練習をした。 「男子は『会話文』、女子は『地の文』を読みます。」 「交代して読みます。」 今回は「習得」段階。 次は子どもたちが「活用」できるようにしたい。 具体的には、 「どんな読み方でやりたい?」 と投げかけた時に、 「今日は『句点読み』でやりたい」 「ぼくは、『地の文』読みます」 と、子どもたちから言える状態である。 ありがとうございます。

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。