スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援を要する子の多い学級を参観

昨日は、子ども理解研修会。 教育大から、特別支援教育の先生に来ていただいて、ご指導を受けた。 今回は、通常学級における支援について。 私も先生と一緒に授業を参観させていただいた。 しかし、どのように見ていけばいいのか悩んでしまった。 ・支援を要する子の動き ・その周りの子とのかかわり ・教師の声かけヤ支援(その子・周りの児童) ・授業の様子(構成・難易度) 参観後の研修会では、先生から参観のポイントについてご教示いただいた。 ①姿勢を保ちにくい ②書字…黒板に書いてある通りにノートに写す ③情緒…表情の変化があるか ④周囲の様子を気に留めているか…周りに合わせた行動 ⑤教師の指示に対する応答 具体的でとても参考になった ありがとうございます。
スポンサーサイト
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。