スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックを見て思うこと

(週案の反省の中に書いた文です) 今回のオリンピック、スノーボードの選手が批判を受けている。 批判の点として ①服装のこと ②その後の会見についてであった。 さまざまな意見が出ているが、大半が批判や出場辞退を求める声で、「切り捨てる」方向であった。 そんな中、一人のコメンテーターが 「彼の良い部分やスノーボードについて知らないのに、今回の一件だけで批判するのはいかがなものか」 というようなこことを話していた。 この話を聞いたとき、ある生徒(男子バスケ部)が頭に浮かんできた。 彼は確かに服装はだらしなかった。しかし、体育館ではコーチのアドバイスを素直に聞き入れ、練習をする生徒である。 さらにあるコメンテーターが 「近くにいる人間が(服装のだらしなさ等を)指摘しないといけない。彼に近い人間は、彼のことを『いいところもある』と言うだろう。その人たちが彼に厳しくしていなかったことがよくない。」 これもよく分かる。 生徒が社会にでる前に、生徒の近くでかかわる私たち教員が、信頼関係を築きつつ、時には厳しくしないといけない。 「それでは社会では通用しない」ということを生徒が学校にいる間に指導し切らないといけない。 ありがとうございます。

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。