FC2ブログ

関西青年塾【古川光弘先生2/2】

「校内研究をおろそかにしない。極めることで、自分の力がつく」 「ダメなのは根気強くない、教師。 やっていくと、できるようになる。 子どもの力を信じる」 子どもの心をつかむ「日記指導」 古川流 表記上のアドバイス (日記指導のスタートに話すこと) 1.「。」をつけたら、行を変える。行を変えたら、1マス空ける。 2.1文で1つのことを書く。 3.書き出しは「クライマックス」から 意欲を持続させるためのテクニック 1.連続日記・・・100日連続日記 2.日記紹介・・・子どもが書くための参考になる   「意欲が満ちたものは、すかさず取り上げて、褒める」   →クラスをプラスの雰囲気にしていく 3.チャレンジ3・1・1…詩の暗唱30編・日記帳10冊・漢字ノート10冊   「たくさんの『挑戦の種』をまいていく」 4.表現の工夫・・・有田実践・これまでの日記指導で生徒が書いたもの活用 5.ファンタジー作文 マンネリを打ち破るチェック機能 →古川先生の著『6年生の学級経営・絶対成功する年間計画』にあります。  ロング作文の実践もこの名著に書かれている。  絶対にオススメです!! ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR